Home | お墓を建てる | 書体・家紋の種類

書体・家紋の種類

Font and Family crest

書体例

墓石には、家名をはじめ宗派の題目、経文などが刻まれますが、その書体は「楷書体」「行書体」「草書体」「隷書体」などの各種類の書体があり、さらに特別に書家に依頼して書いてもらうこともできます。一般的には見やすさや読みやすさから「楷書体」が用いられますが、中山石渠には楷書をベースとした「中山オリジナル楷書」もあります。

家紋例

家紋は、平安時代の古くより朝廷に仕える人々が他家と区別する目的の文様として用いられたのを起源として現在まで各家固有の目印の自らの家系や血統、家柄などを表すために用いられてきました。その数は日本だけで241種、5116紋以上にもなります。

墓石文字記入例

墓石に刻む文字は、和墓型の場合は「○○家之墓」「○○家代々」「○○家累代之墓」などと刻むことが一般的ですが、各宗派の種子(梵字)を追加したり、その宗派の題目、経文などを刻むこともあります。また、最近では洋墓型などには故人・遺族の好きな言葉を刻むこともあります。

お問い合わせはこちら

0120-10-2951

資料請求はこちら

お問い合わせはこちら

ページトップへ