2019年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年

       2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

5月

祝令和

2019年5月18日

新しい時代が始まりました。新元号を聞いた時は違和感がありましたが、皆さんはどうでしたか。昭和の時代高度成長期で朝早くから夜遅くまで(働くサラリーマン)が当たり前の時代でした。平成の初期はバブルで景気も良い時もありましたが、リーマンショク以来景気も下降していきました。災害(大地震・水害・原発被害)大惨事があり、多くの死傷者がでました。あまりいい記憶がないですね。令和の時代に希望・期待をもってがんばっていきましょう。

南無の由来

2019年5月11日

墓地に行くと、「南無阿弥陀佛」や「南無釈迦牟尼佛」などと書かれたお墓を見かけます。この「南無」(ナムとよみますが、宗派によってはナモと読む場合もあるそうです)ってどういう意味なのか気になったので調べてみました。仏教で使われる言葉は、インドから中国、中国から日本に伝わりました。インドの言葉で「ナマステー」という挨拶がありますが、「ナマス」とは尊敬するや尊ぶという意味があり、「テー」にはあなたをという意味があるのだそうです。この「ナマス」と同じ意味を表す「ナモ」という言葉があり、それを音読みで漢字に直したのが「南無」となったそうです。つまり、「南無」とは、阿弥陀様やお釈迦様を尊敬します、尊びますという意味になるのだそうです。今後お墓参りをする際は、言葉の意味を理解して、心を込めてお参りしようと思います。

一歳の誕生日

2019年5月4日

こんにちは!みなさんGWいかがお過ごしでしょうか?以前このブログでもご報告しましたが、私事ではありますが息子がもうすぐ1歳を迎えます。月日は早いもので1年が経とうとしています。毎日慌ただしいですが楽しく過ごしています。初めての息子の誕生日を、盛大に祝ってあげたいと思います!これからも公私ともに頑張っていこうと思います!


4月

大阪北部地震からもうすぐ一年

2019年4月27日


昨年の大阪北部地震から、もうすぐ1年が経とうとしています。まだ青いブルーシートを被った屋根のお家もございますが、お墓の復旧もまだ完了していない状況です。写真は交換ではなく補修をしたものです。交換するのは気が進まないけど、やっぱりキズが気になるという方におすすめの方法です。気になっている方がおられましたら、ご相談・お見積りは無料ですのでお気軽にお問い合わせください。


萩の寺で七福神めぐりと七草粥

2019年4月20日


平成31年1月7日(月)この日は大阪府豊中市にある萩の寺と言うお寺のお手伝いに行って参りました。毎年この時期に行われる行事で、阪急宝塚線沿いにある社寺に祀られている七福神をめぐるイベントが開かれていました。当日イベントに参加された方は平日で昨年と比較すると少なく約1500人と聞いております。7駅分の切符(定期券の様な物)を購入して七福神の札所になっている社寺を参拝し朱印帖(しゅいんちょう)に御朱印(ごしゅいん)を集めると言う物です。1番札所から7番札所までを1日で参拝してすべての社寺で御朱印を頂かれた方には、結願印(けちがんいん)が押され七福神の御利益を受けると言われています。札所は曽根駅の萩の寺(毘沙門天)蛍池駅の圓満寺(福禄寿)箕面駅の西江寺(大黒天)同じく箕面駅の瀧安寺(弁財天)池田駅の呉服神社(恵比寿神)中山観音駅の中山寺(寿老神)清荒神駅の清荒神(布袋尊)の7社寺です。イベントの時以外の日でも参拝される方はるのですが、1月7日は特別で、人日(ジンニチで人を大切にする日)と言う年に5回ある季節の節目に当たる日で五節句の1つとされています。中国から伝わった風習で唐の時代には人日の日に七種類の野菜を入れた汁物を食べて無病息災を祈ったとされています。平安時代に日本に伝わり日本の若菜摘みと言う風習と交わって七草粥が食べられるようになったようです。江戸時代の幕府が人日の日を人日の節句として五節句の1つと定められ1月7日には七草粥をたべると言う風習が民衆に広まり定着したと言われています。この日のお手伝いとは萩の寺さんが1月7日は七草粥を食べる人日の節句に当たるので、お接待として参拝に来られた皆様に先着ではございますが、1500名分の七草粥を無料で振舞うのでそのお粥を皆様に配膳させて頂きました。毎年寒い中立ち仕事で結構大変なのですが、今年は暖冬で暖かくお天気にも恵まれた為、御参拝された皆様も良い札所巡りとなったようです。ではまた次回『令和』初の七福神めぐりでご報告させていただきたいと思います。


お花見に行ってきました

2019年4月13日

ようやく寒い日々が過ぎ去り、お花見がいい季節となりました。名所を何か所か巡ってみたいなと思い、まずは目黒川へと向かいました。 が、中目黒駅の改札を抜けた瞬間、ものすごく嫌な予感が。横断歩道を縦に分断して、行きと帰りの歩行者が混ざり合わないように交通規制されているではありませんか・・・人の流れに身をまかせて1分歩くと目黒川に到着。満開の桜に出逢えました。まだ散り始めていなく、残念ながら花筏(はないかだ)を見る事は出来ませんでしたが、満開の桜並木は見るものを上から圧倒する感じすら有りました。次はゆっくり鑑賞したいと思い六本木ヒルズへ。シャンパンメーカーが有料でお花見席を用意していましたが、なんとそこから1mも離れていないところに常設の無料ベンチが!ラッキーと心の中でガッツポーズしたあと、しばらくの時間、お弁当とコーヒーを楽しみながら心身共に癒されてきました。やっぱりお花見はゆったり見れるところがいいですね!


合格発表

2019年4月6日

先月中旬に兵庫県公立高校入試の合格発表がありました。私の息子が受験しておりまして、合格発表まで落ち着かな日々が続きましたが、受かりまして安心致しました。4月に入り高校に事前に行くことも多くなり私も息子が高校生になるのを実感してまいりました。早いもので、息子が生まれて自分が15才も年をとったと感慨深いものがあります。ですが最近季節の変わり目には腰が痛くなり、年はとりたくないなあと思う今日この頃です。

3月

とある休日の過ごし方

2019年3月29日

暑さ寒さも彼岸までといったものでめっきり春らしく暖かくなりましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。私事ですが、ストレス発散の一環として休みの日は大阪京橋で昼酒に嵌まっています。朝から開いている立ち呑み3.4件はしご酒~、〆は京都発祥の某ブラックラーメン。いや~最高ですわ京橋。そこで知らんおっちゃんや1人でがっつり飲んでる女性と知り合いになり、たまにお墓の話で後日パンフレットお渡し。こんなきっかけも最高!。皆様、京橋はエエとこだっせ~

やすらぎの丘霊苑の新区画

2019年3月25日

お彼岸が終わりました。今年のお彼岸入りは18日月曜日からですが皆様は16日土曜日からお参りに来られる方が多く、いつもより長めでしたので駐車場待ちの渋滞等も少なく無事に終わりほっとしました。嵐の後の静けさと申しますか、お彼岸が終われば霊園では何時もの日常よりややお参りも少なく静かな感じが致します。さて話は変わりますが、枚方の尊延寺に御座います,やすらぎの丘霊苑に於いては、樹木葬が好評で第1期がほぼ完売いたしました。現在第2期を好評募集中でございます。永代供養や樹木葬をお考えの方、今なら新しい区画でお好きな所が選べます、ご都合が良ければ一度お越し下さい。スタッフ一同お待ちいたしております。

仏心霊園の樹木葬

2019年3月16日

「暑さ寒さも彼岸まで」と申しますが、もうすぐ春彼岸ですね。 だいぶ暖かくなって過ごしやすくなりました。さて、川西市にある仏心霊園で、2017年 12月より販売を開始致しました 永代供養付樹木葬「絆きづな」が好評で完売した為、新たに新区画を造成して 販売しております。後に全く負担のかからない「永代供養付き」、いつまでも家族だけで 祀れる「個別納骨」タイプなのが好評の理由のようです。 皆様も是非ともご見学にいらして下さい。 毎年、4月8日(花祭り、灌仏会、お釈迦様の誕生日)には、 宗教法人称名寺様による法要祭が樹木葬区画の墓前で執り行われます。 今回は多くの方が参列されると思うと、今からワクワクします。

東京マラソン

2019年3月9日

3月3日の東京マラソンで走ってきました。

雨が降って寒い中、走られたランナーの皆さん、お疲れ様でした。

私も雨の中、寒く何度か棄権しそうになりかけながら沿道からの盛大な声援を受けて、なんとか無事完走いたしました。ボランティアの方々も寒い中、がんばっておられました。ありがとうございました!

今回の東京マラソン完走者は、あの日本記録保持者の大迫傑選手(今回途中棄権)に勝ったと自慢できるのではないでしょうか。

ふれあい聖地霊園の桜

2019年3月2日

広島のふれあい聖地霊園内にある桜が開花しそうです。枯れかけていたのですが、職人さんの手により徐々に回復し、今年はたくさん咲きそうです。この桜は、暖かい所であれば1月中旬から下旬にでも咲くそうです。ほかにも霊園の内外にさまざまな花の色の桜が、彼岸を過ぎた頃には見頃を迎えます。昨年は少し早く、彼岸には満開となりました。まだ植樹されて10年ほどですので、見上げるほどの大きさではありませんが、年々成長していく桜の姿は、この時期になると、これからどう満開の姿を見せてくれるのか楽しみになります。余談ですが、桜満開の時にはプロ野球も開幕です。今年のカープもまた楽しみです。

2月

神坐す山

2019年2月23日

先日、家の宗派が神道というお客様をご案内させていただく機会があり、東京都あきる野市「稲足神社霊園」という神道の方専用の墓地にて、ご縁をいただくこととなりました。多摩地区の中でも郊外になり、山を背負う自然に囲まれた立地で、遠方には奥多摩の山々を望むことができます。ご案内を終えて寸法取りなど、墓域に一人でいると静謐な雰囲気。まさに神域という言葉がピッタリの場所です。稲足神社の御祭神は面足尊(オモダルノミコト)という男神と、惶根尊(カシコネノミコト)という女神の一対の神様ですが、他に韋駄天尊神も祀られております。韋駄天といえば足が速い神様。以前から陸上競技の方などがお参りに見えることがあったようですが、現在放映中の大河ドラマのタイトルにもなっており、最近は参拝者が増えているそうです。尚、こちらの韋駄天尊神は西新宿のワシントンホテルのそばでも祀られており、そちらでも参拝が可能です。

マラソンに初出場します

2019年2月16日

少し暖かくなったと思ったら寒くなったりと、体調に気を使う季節ですね。皆様はいかがお過ごしですか?私は、体力をつけてマラソンに初出場します!交野市で行われる交野マラソンです!開催日まで、しっかりと体づくりをしていこうと思いますが・・・普段走ることがないのでなかなか持続できません。それでも少しずつ走れる距離が長くなると、嬉しくなりますね♪体力も付いてきたのか、風邪も引かなくなりましたよ!皆さんも新しい事に挑戦すると、楽しい発見が見つかると思います!暖かくなるまで、お身体ご自愛くださいね!

大大阪時代

2019年2月9日

大正後期から昭和初期にかけ、大阪市は大大阪(だいおおさか)と呼ばれていました。産業の発展と人口の増加により、大阪市が大きく経済成長を遂げた時代です。

中央公会堂をはじめとする近代建築も、この時期に数多く建設されました。今もなお現役で使用されているビルがたくさんあり、定期的に見学会を開催されているところもあります。モダニズム建築と称され、様々な装飾が施された室内はどれも見応えがあり、タイムスリップしたような気分に浸れます。

2025年には大阪万博が開催されます。未来社会のデザインをテーマにされていますが、同時に古き良き大阪にも注目しながら未来を見据えた博覧会になることを期待しています。


扁妙の滝へ行ってきました

2019年2月2日

兵庫県神崎郡にある氷瀑で有名な扁妙の滝へ行ってきました。普段山登りなどしない私にはなかなかハードルが高く二の足を踏んでいましたが、こちらの扁妙の滝は氷瀑が見られる中でも比較的駐車場などからも近く、歩道も整備されているとのことで今回チャレンジしてきました。ただし、雪の中や凍った場所を歩くのでやはりアイゼン(滑らないように足につけるトゲトゲ)はあったほうが良いとのこと。整備さ れているとはいえ、初となる雪山に少し緊張しながらも約1時間ほど登ったところで滝とご対面!残念ながら氷結具合は5割といったところでしたが、それでも雪や氷に覆われた滝は神秘的な美しさでした。また、こちらの滝は滝壺まで行くことができ、間近でその大きさを感じられます。タイミングが良ければ完全に氷結した状態をみることもできるそうですので、また折を見てチャレンジしてみたいと思います!


1月

「ありがとう」と素直に言えてますか?

2019年1月26日

最近思うことですが、人間は自分の発する言語に大きな影響を受けているのではないかということです。例えば、録音した自分の声って「なんか変?」と感じるような。自分の声は発するごとに骨伝導で脳に大きく響いています。つまり他人の言葉の影響より、自分の発する言葉の影響のほうが大きいのでは?ということです。ネガティブな発言をしているとネガティブな気持ちに傾き、ポジティブな発言をしていると心が前向きになります。心が前向きにして毎日を楽しく過ごしたいものです。


秩父の日帰り温泉へ行ってきました。

2019年1月19日

日々、寒さが増し、この時期になりますと無性に温泉が恋しくなります。 そこで、ついこの間のお休みに、友人と埼玉県秩父市の温泉へと、車で向かいました。 秩父にも、「秩父七湯」と呼ばれるほど、いろいろな温泉地があります。今回、私が訪れたのは約200年の歴史を持ち、いまだ鉱泉が湧き続けている新木鉱泉旅館に行きました。こちらでは、宿泊だけでなく日帰り温泉も展開しております。その歴史ある建物の造り、雰囲気を感じ、一度お風呂に浸かると 体中がぽかぽかと温まり、疲れ切った体を癒してくれます。また、こちらの湯は大変滑らかでつるっとした卵の白身のような肌触りから「卵水」と呼ばれ、すべすべなお肌に なるそうです。一番の醍醐味としては、露天風呂に浸かりながら秩父の自然を、満喫できたことです。また、近いうちに秩父の温泉を求め、足を運びたいと思います。 


嚴島神社に行ってきました。

2019年1月12日

広島県の世界遺産「嚴島神社」がある安芸の宮島に行ってきました。厳島神社と言えば青い海に浮かぶ朱色が印象的な大鳥居!!…ですがこの鳥居、海水や海風などの影響で損傷が激しく今年6月から10年に1度の修繕工事が行われます。期間中は鳥居全体に足場が組まれネットで覆われてしまうそうで、残念ながら工事が終わるまでの約1年と2か月の間、その姿を見ることができなくなってしまいます。今年宮島への旅行を検討中の方はぜひ6月までに!!


新年あけましておめでとうございます。

2019年1月5日

新年あけましておめでとうございます。
昨年は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。
本年も、より一層のご支援を賜りますよう、
従業員一同心よりお願い申し上げます。 

さて、皆様年末年始はどのように過ごされましたでしょうか?私事ではありますが昨年5月に子供が産まれ年末年始は親戚の挨拶に行き忙しくしておりました。今年は新元号の発表や消費税の増税などで皆様忙しくなるかと思いますが、今年一年もよろしくお願い致します。

2019.5.18.祝 令和

お問い合わせ/資料請求
樹木葬
想樹
ハナミズキ
お問い合わせ/資料請求