2018年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年

       2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

6月

食の安全性について

2018年6月16日

食の安全について考えたことはありますか?とまあいきなりの疑問符なわけですが、現在日本国内に流通する食品等の危険性について少しお話したいと思います。日本国内で認可されている食品添加物は300種を超えるそうです。その中には健康を著しく害するということで他国で禁止になっているものもあるそうな。(詳しくは一度ご自身でググってみて下さい)今回はそれら安全性に疑念のある食材の中で、どこの家庭でも飲料・調理に使う牛乳の危険性について少しお話します。牛舎で飼育されている乳牛は、自然の中で放牧されている乳牛に比べ過度のストレスを抱え、成長促進剤や病気が蔓延しないよう抗生物質などの化学薬品を与えられることもあるとか。また、ある程度大きく成長すると人工授精し、出産後に食品用の搾乳を行い、さらに出産後2か月もしたらまた人工授精・・・このようにして搾乳された牛乳には高密度の女性ホルモンが含まれ、アレルギーや癌の原因になっている可能性もあるとか・・・一般に体に良いとされる牛乳ですら口にするのを控えたい商品が混ざっている可能性があるようです。食の安全について一度じっくり考えてみるのも良いかもしれませんね。

やすらぎの丘霊苑に咲いた花

2018年6月10日

枚方市にあります。やすらぎの丘霊苑を担当させて頂いています。少し前になりますが。ゴールデンウイーク中、やすらぎ丘霊苑管理事務所入口横に白いきれいなお花が咲きました。あまりにもきれいなのでしばらくながめてしまいしました。お参りのお客様・ご見学のお客様方にも好評でしたが、お客様に花の名前を質問されましても。今までお花と縁のない生活でしたのでお答えできませんでした。ご存知の方がいらいましたら教えて頂けませんか?

稲村ケ崎公園へ行ってきました。

2018年6月2日

先日、鎌倉観光の帰りに「稲村ケ崎公園」へ寄っていきました。ちょうどその時間帯、カメラを構えている人が多く、何かと思い近寄ってみると、美しい夕日とともに江ノ島を眺めることができるスポットでした。「かながわの景勝50選」や「関東の冨士見100選」にも選ばれている景勝地で、空気の澄んだ日には富士山も眺望できるそうです。私も、スマートフォンですが夢中でシャッターを切り、素晴らしい景色にしばらくの間、心癒されました。鎌倉にはたくさんの観光名所がありますが、個人的には上位にくるくらい、一度はぜひ立ち寄っていただきたい観光スポットです。

5月

防災研修に行ってきました。

2018年5月27日

先日、豊中市消防局で行われた防災研修に参加してきました。当日は81名もの人が参加し、防災に対する関心の高さが伺えました。みなさんは『♯7119 救急安心センターおおさか』というものをご存知でしょうか?突然の病気や怪我をした時に救急車を呼ぶべきか迷った場合、医師や相談員から電話でアドバイスを受けることができ、緊急性がある場合はそのまま救急車の手配までしてくれます。豊中市の救急車の数は人口約40万人に対して僅か11台。また、出動件数の約半分が緊急性のない案件だそうです。そして救急車が通報を受けてから現場に到着するまでの平均時間が約8分かかるのに対して、完全に心肺停止してから脳の細胞が死滅し始めるまでは約3分しかありません。本当に救急車を必要としている人のところに1分でも早く到着し処置ができるように、『♯7119 救急安心センターおおさか』がもっと広く認知され活用していってほしいものです。もちろん緊急性がある場合は迷わずに119番通報を!

新しい家族が生まれました。

2018年5月19日

新しい家族が生まれました!

私事ではありますが5月1日に元気な男の子が誕生致しました!

子供が生まれる前に奥さんが水疱瘡にかかってしまい生まれるまで色々バタバタしましたが母子ともに健康で5月7日に無事退院しました。

現在は自宅に帰ってき慣れないことも多々ありますが父母ともに子育てに奮闘中です!

広島の「ふれあい聖地霊園」のこと

2018年5月12日

私の勤める「ふれあい聖地霊園」は、広島市中心部より西へ車で20分ほど行った山頂にある霊園です。霊園から見渡す広島港から呉への瀬戸内の海の景色はすばらしいです。山の上の霊園だけあって、様々な動物たちも見られます。その中でも頻繁に見られるのが、色鮮やかな「雉(きじ)」。人気が無くなると、昼間でも霊園内を闊歩します。また、近くの団地から迷い込んでくるのか、「犬」がひとりで愛想を振りまきにやってきたことも。そして、とうとう、この5月2日の雨の日に「猿」が2匹、管理棟の屋根で墓前の菊を食べていたこともあります。すると、お参りに来られていた方が言いました。「次は桃でも転がってくるんじゃあないんか!」広島で桃太郎の伝説は聞いたことがないが…ここならあるかもしれない。そんな気がしてなりません。


ゴールデンウイークの過ごし方。

2018年5月5日

GWもあと少しですね。お出かけも良いのですが我が家は毎年GWに大掃除をします。大掃除と言っても普段掃除しない所と私の部屋の整理、整頓を中心に毎日少しずつ進めていきます。この時期は気候も良くベランダや北部屋の掃除もはかどります。でも、ついつい娘たちのアルバムをみ見たり、思い出の物を見つけてしまうと手が止まってしまいますが、今年も何とか数日かけて大掃除が完了。今回は何日きれいな状態で保てるかな?


4月

広島へ行って来ました。

2018年4月28日

広島にある当社が運営する「ふれあい聖地霊園」への出張がありその機会に広島観光をと思い宮島に行ってきました。広島駅からJRに乗り、25分程で宮島口駅に着きそこからフェリーで宮島へ。揚げているもみじ饅頭を食べたりアナゴ丼を食べたり、牡蠣を食べたり、美味しいものだらけでした。厳島神社はちょうど干潮時で海にうかんでる姿を見れず、少し残念でした。また機会があれば鞆の浦や広島市内にも行ってみたいと思います。


私の祖父母

2018年4月21日

今年は祖父母の年齢が90歳、88歳となります。大きな病気もなく元気で過ごしているので、普段は年を感じません。しかし、疲れやすい、耳が遠くなった、少し体調を崩すと寝込んでしまう。少しでも弱気になる姿を見ると、いい年になったなあ、と感じます。元気な二人の生活ですが、まずは毎日買い物に出ます。私の足でも片道10分ほどかかる店へ、散歩がてらにのんびりと。買ったものは宅配してくれるスーパーへ行くので、手ぶらで歩けます。また50年ばかり同じ家に住んでいるので、顔見知りも多く、ありがたいことに近所の方にも気にかけてもらっているようです。お茶を飲みに寄ると、お友達が遊びに来ることもよくあります。ちなみに宅配のピザを気にいっています。量が多すぎるので、なかなか頼めないみたいですが。本人達の希望通り、元気に楽しく、長生きをして欲しいです。


花と史跡を巡る

2018年4月14日

毎年暑さ日本一を記録する館林今回は花と史跡をめぐる旅に出掛けました。4月だというのにこの日の気温は27度!駅前でレンタサイクルを借り、まずは茂林寺へ。こちらは1426年に創建された分福茶釜で有名な曹洞宗の寺院です。総門をくぐると両側にさまざまな表情をした狸の象がお出迎え。趣のある茅葺き屋根の本堂の横には聖観音がありその周りをみごとなしだれ桜が咲きほこっていました。つぎに訪れたのは、花の名勝「つつじヶ岡公園」400年もの間、守り続けられたつつじ園で50種をこえるつづじが約一万株栽培されています。4月上旬からはつつじ祭りが開催され、この日はまだ八分咲きとのことでしたが、古品種やオリジナル品種、また宇宙を旅した種から育てた宇宙つつじなど、ここでしか見ることのできないつつじが色鮮やかで他ではなかなか見られない景観です。続いては、つつじヶ岡公園の横を流れる鶴生田川の鯉のぼりの里祭り。市内には約4300匹ものこいのぼりが掲揚され、春の風の中で壮大な泳ぎを見せてくれていました。

球春到来

2018年4月8日

春を告げる選抜高等学校野球大会が、今年も阪神甲子園球場で開催されました。夏の選手権大会、第1回と2回は豊中市で開催されたようで、弊社が所在する豊中市の住宅街に、高校野球発祥の地(公園)が有ります。第90回を迎えた今回の選抜出場校36校中、公立9校・私立27校で、各都道府県、各地域の代表ではありますが、出場メンバーの過半数を他府県からの留学生が占めている状況では、応援に身が入らない・・・・。そんなジレンマに陥っているのは私だけでしょうか。一説には、本当の高校野球ファンは甲子園で繰り広げられる試合よりも、地方予選にこそ高校野球の醍醐味があると言いますが、みなさんはいかがでしょうか

3月

気になる事を聞きました

2018年3月31日

ヨガで悟りを求め修行される方が師に学び始める時、禁戒 勧戒を教えられるそうです。

禁戒・・・してはならないこと 勧戒・・・積極的に行うべきこと 

禁戒 非暴力 他を傷つけぬこと、無駄な殺生しない正直  偽らないこと、嘘をつかない 不盗  盗まないこと、他人のものを欲しがらない禁欲  不摂生をしないこと、自然の理にかなった生活をする不貧  どん欲をおこさない、必要以上のものを所有しない

勧戒 清浄 心身の清浄を保つ知足 満足を知る苦行 あらゆる環境で心乱さないこと読誦 心を高めてくれる書物を読む最高神への信仰 真理の導きに従うことと言うのが徳を積む第一歩とのことです。私自身これら全てを実践することは難しいと本当に思うのです。

春分の日について

2018年3月24日

春分の日ですが、お墓のお参りでは春の彼岸の中日に当ります。
2018年の3月21日春分の日(春彼岸中日)は大阪では生憎午前中は雨、午後から突風でした。ですが、悪天候にもかかわらず、交野市星田に御座います平和台霊園には沢山の方々がご先祖様を思い、お墓のお参りに参列されました。
自分自身のお墓参りでは、今まで雨等、天候が悪い時は出来るだけ別の日に変えるのですが、皆様のお墓参りの熱心さに心を打たれ、私もこれからは、お墓参りの日(ご先祖様に会いに行く日)を決めたら多少の悪天候には左右されず霊園に行こうと思う日になりました。


川西仏心霊園の前を通る「新名神高速道路」が完成しました!

2018年3月14日

川西仏心霊園の前を通る「新名神高速道路」の工事が、 ながらく続いていましたが、今月18日、神戸~高槻間 が開通しました。
霊園前には「J川西インター西」の出入 口ができた上、霊園までの道路も広く整備されたのと相 まって霊園へのアクセスが大変便利になりました!
又、 永代供養付樹木葬も誕生し、販売開始と共に凄い勢いで ご契約頂き完売間近となっています。誕生といえば新名 神高速道路に西日本最大級のサービスエリア「宝塚北サ ービスエリア」が誕生しました。約40億円かけて作ら れたこのサービスエリア、宝塚モダンをイメージし、ま るで「宝塚大劇場」を彷彿とさせ、宝塚歌劇団OGによ るトークショーなども企画していくそうです。



水戸街道をご存じですか?

2018年3月10日

水戸街道(みとかいどう)は、江戸時代に定められた日本の幹線道路で、五街道に準ずる脇街道の一つだそうです。水戸街道は、江戸側の千住宿と水戸藩の城下町である水戸をつなぎ、五街道と同様に道中奉行の管轄に置かれたそうです。
ドラマでも水戸黄門で有名な黄門様も往来していたかと感慨深い物がありますが、実際に都内では車の往来が多いため車で仕事で運転すると結構なストレスが溜まります。
そして水戸街道(国道6号線)にバイパスの拡張などにより昔の水戸街道から外された道路は「旧水戸街道」と呼ばれています。現在東京支店にて案内会を行っております蓮昌寺の前の道路が「旧水戸街道」にあたり、ごく普通の一車線道路に水戸藩のお侍さん(黄門様、助さん、角さん)が歩いていたと思うと不思議な感じがします。法務局があること以外はスーパーが何件かある普通の住宅地です。お寺にも歴史がありますが、道にも歴史があると考えさせられる、今日この頃です。


鹿児島への里帰り

2018年3月2日

母と鹿児島に里帰りして来ました。母は足が悪く杖を付いて歩くので、手をとってボチボチと時間をかけて行きました。健常者には気になりませんが、どこも障害者用のトイレが少ないと思いました。でも以前なら新大阪から乗車し博多で在来線に乗り換えて6時間ぐらい掛かっていましたが、今は直通の新幹線に乗って4時間で行けるようになりました。ちゃんとお墓参りにも行きましたよ。鹿児島のお墓は、9寸・尺角の大きなお墓が多く文字も金箔が入っている立派なものが多いです。
通路が狭まかったので、思わず職業柄、
どうやって施工するかを考えてしまいました。(笑)


2月

私の家族は子だくさん

2018年2月25日

少子化時代の中、私には四人の子供がいます。子供は三人と決めていたのですが次女のリクエストでした・・・三人目の次女が小6の頃、親友に弟や妹がいて羨ましかった為、私の妻に赤ちゃんが欲しいとお願いした結果、良い返事を貰ったようで、飛び上がって喜んでいた姿や、誕生した13歳離れた弟をおそるおそる抱っこしていた姿を、今だに忘れられません。弟の事を、兄や姉より可愛がっていた次女・・・そんな次女も嫁いで赤ちゃんが生まれました。今は小学生になった弟の下校の様子を、赤ちゃんを抱っこしながら毎日ベランダから見ているようです。何とも微笑ましい風景です・・・私の長男も2月に入籍を済ませ、我が家は結婚ラッシュとなっているのですが、どうも孫がいる実感も沸きません。娘に子供・・・の実感は100でありますが、私に孫・・・?の実感は30ほどなんです。
孫が成長しいつか僕を呼んでくれた時
こそ頭に拳銃の弾丸が貫通するくらいの実感が来るのではないかとわくわくしています。


大きな涅槃図の紹介です。

2018年2月17日

兵庫県三田市にお付き合いをさせて頂いている寺院『心月院』がございます。
心月院では、本堂で毎月イベントを開催されていて、2月は大きな涅槃図が公開されています。ちなみに永平寺のものより大きいという立派なものなんです。涅槃図というのは仏陀(お釈迦様)が沙羅双樹 (さらそうじゅ) の下で入滅(亡くなる)なさる時の様子を描いたものです。お近くに行かれました際には、是非お立ち寄り下さい。
本当に大きいので一見の価値がございますよ。



インフルエンザにかかってしまいました。

2018年2月10日

今年のインフルエンザは猛威を奮っていますね。私も今までは掛かったことが無く世間で騒いでいても何となく他人事的な感じでいました。しかし、A型とB型両方のインフルエンザの苦しみを経験しました(T.T)20歳の頃に地元は流行っていなかったのに「はしか」になり恐らく電車でうつったのだろうと医者に言われた事を思い出しました。電車の中は本当に菌がいっぱいなのですね(>。<)マスクをしていても隙間から少しは入ると聞きました。「手洗い」と「うがい」を徹底して注意しましょうね。

「紀州口熊野マラソン」に出場します。

2018年2月2日

昨年末、奈良マラソンを走ってきました。多くの方々からの声援を力に、初めて「サブ4」(4時間を切る事)を達成しました!天候にも恵まれたので色々な観光地を楽しむ事ができ今までで一番楽しく走れました。次は2月4日の「紀州口熊野マラソン」を走ります。世界遺産に登録された紀伊山地の霊場と参詣道の入口、癒しの口熊野を走るコースで今からワクワクしています!

1月

七福神めぐりと七草粥

2018年1月28日

平成30年1月7日(日)この日、豊中市の曽根駅近くにある萩の寺と言うお寺のお手伝いに行って参りました。その日は、阪急宝塚線沿いにある社寺に祀られている七福神をめぐるイベントが開かれていました。当日イベントに参加された方は約2000人と聞いております。七福神めぐりは阪急電車が発券する7駅分の切符(定期券の様な物)を購入して七福神札所になっている社寺を参拝し朱印帖(しゅいんちょう)に御朱印(ごしゅいん)を集めると言うイベントです。

1番札所から7番札所までを1日で参拝してすべての社寺で御朱印を頂かれた方には、結願印(けちがんいん)が押され七福神の御利益を受けると言われています。札所は曽根駅の萩の寺(毘沙門天)蛍池駅の圓満寺(福禄寿)箕面駅の西江寺(大黒天)同じく箕面駅の瀧安寺(弁財天)池田駅の呉服神社(恵比寿神)中山観音駅の中山寺(寿老神)清荒神駅の清荒神(布袋尊)の7社寺です。イベントの時以外の日でも参拝される方がいらっしゃるので興味のある方は一度、社寺めぐりをされてはいかがでしょうか?1月7日のイベント当日は、人日(人を大切にする日)と言う年に5回ある季節の節目に当たる日で五節句の1つとされています。元々は中国から伝わった風習で唐の時代には人日の日に七種類の野菜を入れた汁物を食べて無病息災を祈ったとされています。平安時代に日本に伝わり日本の若菜摘みと言う風習と交わって七草粥が食べられるようになったそうです。江戸時代の幕府が人日の日を人日の節句として五節句の1つと定められ1月7日には七草粥をたべると言う風習が民衆に広まり定着したと言われています。

話しが脱線しておりましたが、お手伝いとは萩の寺さんが1月7日は七草粥を食べる人日の節句に当たるので、お接待として参拝に来られた皆様に先着ではございますが、1500名分の七草粥を無料で振舞うのでそのお粥を皆様に配膳させていただくと言う内容のお手伝いでした。また来年の1月7日に七福神めぐりにご参加されましたら、萩の寺さんで一生懸命お粥を注いでいる人が居たらそれはきっと私なので、心の中で「ごくろうさん」と言ってやって下さい。

明治神宮へ初詣に行って来ました。

2018年1月20日

先日、小一になる長男を連れて、初詣に行って参りました。言わずと知れた日本一の参拝者数を集める神社であり、明治天皇と昭憲皇太后をお祀りしている神社です。原宿駅からほど近い南門から入り、南参道を通る道のり。参拝の方々は沢山いらっしゃるのですが、参道が広く、また都会の真ん中とは思えない緑豊かな自然に触れられて、心清らかに歩くことができました。

献上酒樽の前を経て、大鳥居をくぐり南神門まで到達するとさすがに人の流れが悪くなり、子供は親の肩へ…これも初詣ならではの光景として、待つことの大切さを子供に教えるいい機会と勝手に解釈しつつ、いよいよ御社殿へ。

御社殿前のスペースに白布が敷き詰められており、そちらにお賽銭を納めてまいりました。学業増進、健康祈願、世界の平和などなど、いろいろ祈願するつもりでしたが、不思議とこころの中でご挨拶する程度で御社殿をあとにしました。花粉のシーズンが過ぎ、春を感じることができましたら、今回訪れる事が出来なかった清正公の井戸へ長男と散策したいと思います!みなさまに置かれましても、この一年、良い年でありますように・・・

お墓の整備工事をしています。

2018年1月15日

現在、尼崎で道路拡張の為、お墓の移動と墓地環境整備をさせて頂いています。道が広くなって皆様に喜んで頂けるよう頑張っています。工事で一番気を付けているのは、お墓を移動する際の大切なお骨の取り扱いです。お墓の持ち主の方にご確認頂いて、ご一体ごと丁寧に取り出し移動させて頂くのですが、これが一番緊張する場面です。墓地内の工事が完成して通路なども綺麗になって、皆様に快適にお参りして頂けるのが楽しみです!

伏見稲荷大社に行って来ました。

2018年1月7日

明けましておめでとうございます。年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。本年も宜しくお願い申し上げます。さて、皆様2018年度初詣は行かれましたでしょうか。新年の抱負、ご自身やご家族の健康祈願、また受験生のお子さんを持つ親御さんは合格祈願と、きっとお願い事も様々な事でしょう~♪。今月6日、私は恒例の京都の伏見稲荷大社に初詣に行ってまいりました。皆様ご存知の通り、伏見稲荷大社は外国人観光客の多い日本の名所で、4年連続第1位の観光地でもあるんです。人気の理由は、山頂まで永遠と続く千本鳥居の朱色と山の緑のコントラストが絶景で日本人の平和の象徴を表しているそうです。また、奉納された鳥居に、黒文字で企業名や個人名が書かれていて、日本の勤勉さを感じられるところも外国人の方の琴線に触れるそうです。私たちも去年まで三年連続登頂し、絶景を満喫していましたが今年は行き道にお酒を嗜んだせいか、途中で下山しました。汗(~_~;)一緒に行った人から、遠い伏見まで来て、なに酒飲んどんねん!と怒られました。汗(笑) 
話がそれましたが、来年の初詣に一度足を運ばれたらいかがでしょうか♪

2018.6.16.食の安全性について

樹木葬
想樹
ハナミズキ
奈良中央墓園
お問い合わせ/資料請求