2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2月

節分の由来

2020年2月15

先日の節分は楽しく過ごしました。恵方巻きを食べて子供と豆まきをしました。そこで少し節分について調べてみました。

節分の由来

各季節の始まりの日の前日のことを差す。立春・立夏・立秋・立冬が季節の始まりですが、それぞれの前日が節分となるので1年に4回あります。豆まきや恵方巻をたべる節分は、立春の前の節分だけなのは、立春の前の節分は昔の暦では大晦日にあたり、1年の締めくくりとして重要な節分と考えられ、立春の前の節分だけが行事ごととして行われています。無病息災や商売繁盛を願いますが、豆まきの掛け声は一般的には「鬼は外、福は内」ですが、地域によっては鬼が悪者を退治するなどの言い伝えで「鬼は内」としているところもあります。


おいしいラーメンの作り方

2020年2月8

白菜を刻みます。鍋で豚バラ(細切れでも可)と一緒にサラダ油で炒めます。火が通ったら水と鶏ガラスープの素、醤油(濃口。鶏ガラより少し多めに)、にんにく(チューブでOK)、豆板醤(ちょっと入れ過ぎたかも、くらいで丁度いい)を入れて煮込みます。その間に別の鍋で麵(ゆで・むしより生麵がおすすめ)を茹でます。(ゆで・むしならそのままスープに投入しても大丈夫)スープをひと煮立ちさせ、麵が茹で上がったら器に盛って完成。いただきます。

ここで使った調味料に酒と味噌を加えれば美味しい麻婆豆腐も作れます。


肺炎予防

2020年2月1

個人的な話ですが、先日受けた健康診断で要検査が有りました。内容は治った潰瘍、特に不具合も感じていないので、タイミングを見て病院に行こうと思います。それよりも今は困っていない検査結果よりも、新型肺炎やインフルエンザに脅威を感じます。例年風邪やインフルエンザに気を付けてはいますが、今年は肺炎が怖い。通勤の電車の中で咳をしている人を見ると、どうしても嫌な気持になってしまいます。特に仕事柄、高齢の方と話すことも多いため、風邪も引かないように気を付けてはいますが。せっかくの機会なので、今からできる風邪やインフルエンザの予防方法を調べてみました。

1)風邪を引くのも嫌ですが、うつしてしまうことが困りものです。

2)外出後の手洗い等、インフルエンザウイルスにはアルコール消毒も効果があるそうです。 適度な湿度の保持、特適切な湿度(50~60%)を保つことがよいそうです。

3)十分な休養とバランスのとれた栄養摂取、体の抵抗力を高めるために。

4)人混みや繁華街への外出を控える

よく聞く風邪対策がそのまま当てはまりました。わかっていても出来ないこともありますが、健康に生活していきたいものです。


1月

熱海旅行

2020年1月25

先日、温泉の定番「熱海」へ行ってきました。車で首都高速道路・東名高速道路を通り、「厚木IC」を抜けると「小田原厚木道路」「熱海ビーチライン」の自動車道でのんびりと海を見ながらのドライブです。一泊の温泉旅行で日ごろの疲れを癒し、帰路、今回ご紹介する「来宮神社」に立ち寄りました。来宮神社に着くとまず、真っ赤な大鳥居が目に飛び込んできます。その大鳥居をくぐり、本殿に向かう途中に「来宮稲荷社」があります。その祠までの参道には幾重にも重なる鳥居があり荘厳で神秘的な雰囲気を漂わせておりました。また、本殿脇には国の天然記念物にも指定されている樹齢約2000年の「大楠」があり、この周りを一周すると寿命が1年延びると言われております。奥さんと二人でこの周りを2周いたしましたが、圧巻で直にパワーを感じることが出来ました。これは、後日知ったことですがこの神社は、「禁酒の神様」でもあるらしく、その気の無い私にとっては全く無縁の神様だったようです。


とんど

2020年1月18

令和二年のとんどが終わりました。とんどの時に思い出すのは、書き初めを持ってきて焚き上げしたなぁ、という事。煙が天高く昇る程、字が上手くなるという謂れがありますが今、毎年思うのは誰も書き初めを持ってこないなぁ、という事。 書き初めは、親から聞いてその様にしていましたが、振り返ってみれば自分は子供にその事を教えていなかったなぁと。普段文字を書く事も少ない昨今ですが、手紙や年賀状など手書きのモノを貰うと、相手の気持ちが伝わってきて暖かい気持ちになるものですから、来年の年賀状は手書きで書いてみようかと毎回思いながら一度も実現出来ていませんが・・・。今、日本はグローバル化、効率化、簡素化、時短の風調が止まりませんが、硯で墨を摺るように手間暇かけること、そんな生き方の大切さを日本人は見直す時期にあるのではないでしょうか。?


体調管理

2020年1月11

寒い日が続いたり、急に暖かい日になったりと気温の変化が激しい今日この頃ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?風邪や体調不良になられてる方もなかにはいるのではないでしょうか?これからの季節は受験や新生活に向けてバタバタする方も多いと思います。手洗いやうがい、お部屋の加湿などちょっとした事から始められる体調管理もあると思います。私も常に健康を心がけて過ごしております。皆様とともに1年、健康に気をくばりつつ頑張っていきたいと思います。お身体ご自愛ください。

新年明けましておめでとうございます

2020年1月4

新年明けましておめでとうございます。昨年は格別のご引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。社員一同、より一層の努力を重ねてまいりますので本年も宜しくお願い申し上げます。昨年の今頃は「新しい元号は何だろう」なんて思いながら新年を迎え今年は新しい元号「令和」になって迎えた年となりました。私も、日々の忙しさの中で、なんとなく身が引き締まる変化だなと思いました。皆様にとってよりよい一年になりますように・・・

12月

東中野名店会

2019年12月21

私の勤務する中山石渠 東京支店は東京メトロ丸の内線「中野坂上駅」とJR総武線「東中野駅」のちょうど真ん中にあります。約十年中野区に勤務することになりほぼ毎日丸の内線を利用していますが、たまには普段足を延ばさない所にと、東中野方面に行くこともあります。共に新宿駅より二駅ですが東中野駅の周辺の商店街は少しさびれた雰囲気がありますが、何度か伺ってみると、食べログなどで有名なラーメン屋や飲食店が散見しています。休みの前日などに少し飲みに行ったりして地元の方とお話ししていると、他のおいしいお店のことや地元ならではの話が伺えて興味深いです。飲食店以外は昔ながらの瀬戸物屋、電気屋さんが早い時間に店を閉めますがディープな下町を楽しむには面白い街です。御機会のある方は是非!

師走で忙しいですね

2019年12月14

今年もあと数日ですね。師走とは普段は落ち着いている師でさえ慌ただしく走り回るというような意味だそうですが、皆様におかれましてはどんな一年でしたでしょうか。世間では台風に悩ませられ、自然災害が各地におこり、毎年ひどくなっていますね。私はいつものように、決まり事の仕事をこなして一日一日過ごす毎日でしたが、母親の介護と孫の子守りが加わり、いつもより忙しかったような気がします。でも、ある意味、忙しいくらいが幸せなのかもしれないと思う今日この頃です。来年は、皆様にとっていい年になりますように。

エンディングノートのススメ

2019年12月7

最近お客様とお話しをしていて、「自分が亡くなったあとのことが心配。子供達と自分が亡くなったあとのことを話すきっかけや機会もないし、ちゃんとしてくれるだろうか」ということをお聞きしました。確かに、生前に亡くなったあとのことを話すなんて、縁起が悪いし、子供さん達もいい気はしないですよね。そこでおススメなのが、エンディングノートです。このノートは日記感覚で書けて、亡くなるまでの様々な希望、亡くなった後の要望までいろんなことを自分の言葉で書き込めます。遺言書のように法的効力があるわけではありませんが、ご家族にとっては、故人の方がどのようなことを希望、要望されていたかを知ることの出来る貴重な資料にもなります。書店などで1,000円以内で購入できるものもありますし、書き方なども詳細に書かれていますので、一度試してみてはいかがでしょうか?


11月

息子と散歩

2019年11月30

最近休みの日は息子と公園に出かけることが多くなっております。一昔前でしたらお母さんと息子と二人で見かけることが多かったと思いますが、最近ではお父さんと息子の二人で見かけることが多くなっていると思います。これも時代の流れだと感じます。1歳半になった息子は意思疎通が出来るようになり自分が思い通りにならないときは駄々をこねたり泣いたりし大変です。いやいや期がはじまる2歳はもっと大変になると聞き今から恐怖です。また2歳になりいやいや期が始まったら報告したいと思います。

最近のお気に入り

2019年11月23日

私の休日になると、私と嫁には立ち寄るお店があり、今月も3回ほど足を運んでおります。以前からのお気に入りはそのお店のチーズケーキで食べるのも良いのですが、おみやげに買って帰ったりもします。いつも焼きたてを提供してくれるので良い匂いがお店の中に溢れていますよ。お店の名前は『りくろーおじさんの店』と言います。チェーン店であちこちに有りますが、茨木市彩都に有る彩都の森店が特別に良いです。可愛くお洒落なお店でいつも店内はにぎわっています。特にご近所のママ友の憩いの場になっているみたいですが、なんとなくわかる気がします。私と嫁の近頃のお気に入り商品を少しご紹介しておきますと、先ずは食パンで『特上食パン』です。お値段は\340-で4枚切り~6枚切りが有りお昼の2時~3時位に売り切れる場合があります。普通に焼かずに何も付けずに食べても、もっちりしっとりしていて良い食感で美味しいです。他のパンも種類はまあまあ有り焼きたてを次々に陳列してくれます。試食も有るのが嬉しいところですね。パンやケーキを購入すると無料でコーヒーやお茶がおかわり自由の飲み放題が付いてくるので、購入してその場で食べて帰るお客さんがおおいです。ケーキの方のマイブームですと『とろーりプリンとバナナのまるまるケーキ』ですお値段は¥1,080-で甘さがあっさり目で食べ易くプリンとバナナが入っていて良いアクセントになっています。シンプルな見た目ですが美味しいです。定番は『焼きたてチーズケーキ』で、お値段は¥725-で焼きたてを店内で切ってくれるみたいで、お友達と食べている人やご夫婦もよく見かけます。写真も少し載せておきますので、興味があれば一度行ってみてはいかがでしょうか?

紅葉の季節です。

2019年11月16日

秋も深まりめっきり涼しくなりましたね。まもなく紅葉狩りのシーズン到来です。紅葉狩り?きのこ狩りやぶどう狩りの様に採集するの?猪狩りや鹿狩りの様に野山でハンティングするの?。いえいえ紅葉を鑑賞すること自体を紅葉狩りと呼ぶんですよ。なんかしっくり来なくないですか。諸説ありますが野山で秋に行う狩りの成功を称え宴を開き、その時期咲いていた紅葉も鑑賞した事から紅葉鑑賞=紅葉狩りと呼ぶんだそうです。紛らわしい!汗。良い子の皆さん!紅葉の名所で紅葉の枝を折らないようにして下さいね。



芸術の秋到来!

2019年11月9日

いよいよ季節も神無月から霜月へ。年末の忙しさがひたひたとやってきました。その前に頭のリフレッシュと家族サービスを兼ねて芸術に触れてみようと、イベント盛りだくさんの六本木ミッドタウンへ。グッドデザイン賞を受賞した展示品の数々や、子供たちが直接さわれるモニュメント、風の可視化をイメージした彫刻、木という文字を現した低木、高級腕時計メーカーのパビリオンなどなど・・・でもやはり子供たちが大喜びしたのは、鮮やかな色を配置した「六本木カラー渓谷」日が落ちるとライトアップされ幻想的な雰囲気を楽しめました。すっかり一日で充電完了。年末へむけてラストスパート出来そうになりました。みなさまも芸術に触れてみて、ココロを癒してみてはいかかでしょうか。


読書のすすめ

2019年11月2日

秋の夜長に・・・ということで山崎豊子の小説『不毛地帯』を読了致しました。主人公は陸軍中佐で大本営参謀。終戦後、シベリアに送られ、そこで11年の抑留生活をおくります。帰国後、大本営参謀としての経歴を買われ総合商社に入社します。自衛隊の次期戦闘機選定争いの仕事で実力を発揮し、石油発掘に成功をおさめ、次期社長と目されていましたが、主人公は近畿商事を辞めてしまいます。主人公は第三の人生として、長期シベリア抑留者の親睦団体のお手伝いを選びます。シベリアへ現地で死んだ日本人の墓参りと遺骨の収集に行くところで終わります。これから夜は、長くなってまいりますので、ネットで映画もいいですが、読書もいかがでしょうか。

10月

娘の結婚式

2019年10月19日

先日娘の結婚式に行って来ました。男親というのは、娘の結婚式となると感慨深い物が有るのは、私だけでは無いと思いますが恒例の「娘と腕を組んで歩き、新しい息子にバトンタッチ。」その後は式の最中に娘が小さい頃の事、小学生時代、中学 高校生時代、その時その時の出来事が頭に浮かび、目頭に・・・・・・・ 何とも言えない瞬間でした。後は新しい息子に娘を末永く幸せにして欲しいと願うばかりでした。

樹木葬が人気です

2019年10月12日

「暑さ寒さも彼岸まで」といいますが やっと涼しくなってまいりました。 季節の変わり目で気温の変化が激しいくなりますので お風邪など召 されないように、お身体をご自愛ください。 さて川西市にある仏心霊園では永代供養付き樹木葬「絆」が好評で 一期、二期区画がおかげさまで完売となりました。 10月より最終区画の三期区画を販売開始致しました。 皆様も是非ともご見学にお越しくださいませ。

9月

秋彼岸を終えて

2019年9月28日

今年も秋のお彼岸がやって参りました。関東では台風17号の影響でお中日の前後のお天気が心配されておりましたが、大きな影響もなく、例年通り沢山の方がお参りに見えられておりました。毎回のことですが、各家の墓所にお花が上がると墓地が華やかになり、お彼岸が来たことを実感させてくれます。もちろん、ご命日など普段のお参りでもお花は上がりますが、やはり彼岸・お盆の時期に一斉に上がる花を見ていると、家族の絆を大切にしている皆さんの気持ちが見えるようで心も温まります。皆さんの想いに触れ、元気をいただいて、私たちは明日からも頑張って仕事に取り組んでいこうと思えるのです。

宮島の鹿

2019年9月21日

宮島の鹿は9月頃に大きく伸びた角を切り落とします。5月頃から生え始めた角が、この頃には固くなります。ほっとけば春には自然と落ちるそうですが、人への危険性を考慮して切り落とすようです。最近の宮島は観光客も増え、年間400万人もの来園者があるそうです。私が幼少の頃、40年ぐらいはさかのぼりますが、その頃は人よりも鹿の方が多かったように記憶しています。そこらじゅうに鹿のフンが転がっており、踏まない様に気をつけて歩かなければならないし、お弁当を広げようものなら、たちまち多くの鹿に囲まれてしまいます。今は、鹿への餌やりが禁止され、鹿のフンも見かけなくなりました。自由気ままに過ごしていた鹿たちですが、人が増えたことにより鹿たちの暮らしは色々とちょっと窮屈になってきたのかもしれません。

黄金色の季節

2019年9月7日

9月に入りました。早いもので今年も残り3か月です。和田寺霊園近隣の田んぼは、黄金色に輝き稲刈りが始まっています。周りを大自然に囲まれた、和田寺霊園では、つくつくぼうしが盛んに鳴き、ススキやトンボや大きく育ったツバメが秋を感じさせます。秋と言えば、運動会・文化祭・キャンプ・登山・秋の味覚巡り等お出かけ頻度も増えてきますね。ただ、8月に比べ日差しも若干和らいできたとは言え、日中最高気温30度を超す日が続いております。お出かけの際には、くれぐれも熱中症対策お忘れなき様お出かけください。

和田寺霊園
墓石販売
屋内納骨堂
樹木葬のご紹介
スタッフブログ

2020.2.15.節分の由来

墓石大展示場
箕面ピーステンボス
採用情報